除草剤パラコートはパーキンソン病の原因因子

ミトコンドリア機能障害による毒性が強い除草剤パラコートは,ヒトでパーキンソン病様の症状を起こした合成化学物質MPTPとよく似た化学構造をもち,動物実験でもパーキンソン病と同じ症状をおこすことが報告されています。MPTPは、合成麻薬に混入していた神経毒で、麻薬中毒者がMPTPの混じった麻薬を使用した後、パーキンソン症状を起こした事件がありました。疫学研究からも、パーキンソン病はパラコート、殺虫剤ロテノンなどの農薬曝露との関係が強く疑われています。フランス政府はその因果関係を公認して,2012年にパーキンソン病を農業従事者の職業病と認定しています。ロテノンは神経毒性が高く、2006年に農薬登録を失効しました。

パラコート以外の除草剤

除草剤はパラコート以外にも種類が多く、多量に使用されています。現在よく使われているのは、ベトナム戦争の枯葉作戦で使用された2,4−D、環境ホルモン作用が確認されているシマジン、遺伝子組換作物と組み合わせて開発されたグリホサート、グルホシネートなどです。

 

ベトナム戦争時、2,4−Dを用いた枯葉剤には製造過程でダイオキシンの混入があり、そのために枯葉剤を浴びた兵士の子どもたちに多くの奇形児が生まれた悲劇がありました。シマジンは環境ホルモン作用があるとして、EUでは2009年に登録が失効していますが、日本では使用され続けています。

 

グリホサートは日本では家庭園芸用にも売られ、多用されている除草剤です。草だけに効くという謳い文句で多量に使用されていますが、2015年に国際癌研究機関が、発癌性の可能性ありとしてレベル2Aにランク付けを発表しました。

 

しかし、WHOと国連食糧農業機関(FAO)が合同で、規制内でのグリホサート使用では発癌性はないと発表したので混乱に陥り、現在も議論が続けられています。グリホサートが一定条件下で、発癌性を示すことはWHOも認めている事実で、発癌性以外にも発達神経毒性や生殖毒性も複数報告されており、多量使用による慢性影響が懸念されています。また化学構造を見ると、私たちの脳でも重要な抑制性神経伝達物質、グリシンによく似た構造をしており、ニセ・グリシンとして悪影響を及ぼす可能性も考えられます。

 

グルホシネートは、人間の脳で主要な興奮性神経伝達物質、グルタミン酸とよく似た化学構造を持っています。帝京大学・藤井儔子らは,グルホシネートを投与したラットが激しく咬み合うなど攻撃性を増すだけでなく,母胎経由で曝露した仔ラットは,普通はおとなしい雌の仔ラットまでお互いにひどく咬み合うなど易興奮・攻撃性を生じることを1999年に報告しました。最近の論文ではグルホシネートが齧歯類のグルタミン酸受容体の一種に作用することが明らかとなり、発達神経毒性も報告されています。このように、除草剤は植物の代謝だけを阻害すると宣伝されてきましたが、人間や動物への影響がすでに報告されているものも多くあります。