人間と共生する細菌の重要性記事一覧

図 腸管免疫と腸内細菌の相互関係 イラスト:安富佐織小腸の腸管免疫系には、体内のもっとも多い免疫細胞が集まっており、有害な病原菌がいるとパイエル板にあるM 細胞が取り込み、抗体を産生するB 細胞が活性化して、分泌型の抗体を産生する。大腸の腸管免疫細胞は少ないが、より多くの腸内細菌が存在して、栄養の取り込みを助けたり、ビフィズス菌や酪酸菌のような善玉菌が免疫機能をサポートしている。小腸には、体の中で...