2022年岩波書店『科学』に掲載した農薬の毒性評価に関する小論文を公開

2022年岩波書店『科学』に、東京大学名誉教授・遠山千春先生、神戸大学教授・星信彦先生と共著で書いた農薬の問題点に関する小論文を公開します。

 

これは岩波書店より正規に購入したもので、拡散可能です。
農薬については、2018年農薬取締法が改正になり、それに伴って、農薬再評価制度が導入されました。
これで果たして、農薬の毒性が正確に評価されるのか?現状のままでは、様々な問題点があります。
農薬全般の内容ですが、具体例としてネオニコチノイドやグリホサート、有機リン系クロルピリホスのことなども記載しています。

 

岩波科学 2022年Vol.92 No.3 256ー273
農薬の安全性とリスク評価  ―― “見過ごさず,見落とさず,見誤らない” ために
遠山千春 とおやま ちはる 東京大学(環境保健学)
木村-黒田純子 きむら-くろだ じゅんこ 環境脳神経科学情報センター(神経発生学)
星信彦 ほし のぶひこ 神戸大学(環境分子遺伝学)

 

ご興味のある方、以下よりdownloadしてください。
ダウンロード